北海道-東京往復10,000円以下!?<初めてLCCを使ってみた感想>

2014年12月20日(土)

さて、今回の東京行き(「フォトディレクション&写真撮影テクニックセミナーに行ってきました。」と「CSS Nite LP38(Shift8)に行ってきました。」参照)では、札幌からLCC(Low Cost Carrier)を使ってみました。

10632763_612161488888220_4753114096972874891_nLCCといえば、格安航空会社のことですね。
荷物が多くなくて、万が一飛ばなくても被害が少ない(時間的に余裕があったり、行先に宿泊先が確保出来てたりする)場合は、LCCを試してみるのもありかなと思いましたので、その方法やデメリットなど。
※あくまでも個人の経験と感想ですので、実際のご利用は航空会社ごとの注意書きをよく読んで、自己責任でお願いします。

航空会社を選ぶ

image8-e1419049309159-768x1024札幌と東京を結ぶ場合、LCCに羽田便は無いので、必然的に成田利用になります。
新千歳空港~成田空港間で運航しているのはバニラエアとジェットスターですが(※2014年12月現在)、どっちも大差ないので、セールしてる方で良いかとw
今回は予約の取れた便がたまたまそれぞれ別だったので、行きバニラ、帰りジェットスターと両方体験してきました。

まずは予約

a0001_017626もともとお安いLCCですが、後述するように結構なデメリットがあるので、もっと安くないと、利用する意味が無い!!と、セール情報をチェックして頑張ってみました。
以前「バニラエア(Vanilla Air)のセール名が、ダジャレに命かけてる?件」という記事の中にも書きましたが、ジェットスターはたまにすっごいバーゲン料金(300円とか980円とか)で発売されますが、私は取れた事が無いです…。個人的にはバニラエアか、またはそこまで破格ではない(けど安い)ジェットスターのセールが狙い目かと。

とりあえず、いつ売り出してるのか分からないと話しにならないので、お得情報が受け取れるメルマガを登録しときましょう。

するとお得情報のメールが届くので、自分の行きたい日程に合うセール情報がみつかったら、予約開始時刻に予約を試みます。PCサイトは分かりにくかったり繋がりにくくて予約が取りづらかったりするので、先にアプリを入れておいて、そちらを使った方が予約しやすいかもしれません。

いざ購入しようとするといろんなオプションがあってまた迷いますが、今回はとことん価格にこだわって、予約変更も払い戻しも出来ない一番安いタイプにしました。この辺は悩みどころですが、安い航空券に保証(オプション)付けてさらに実際に便を変更する場合には手数料やら差額やら足してったら結局羽田便と同じような金額に!!とかなったら悔しい(笑)

また、行きのバニラエアは安く取れたし初めてだしとシート予約してみましたが、一人だったら特に必要なかったかも。(ジェットスターは予約時にシート購入しなくても、直前のウェブ・チェックインの時に座席指定できました。)

搭乗まで

予約が確定すると、「ご予約番号」のバーコードまたはQRコード付きの旅程表メールが届くので、こちらをプリントアウトして当日空港へ持参します。
怖くて試してませんが締め切り時間に遅れると搭乗できないらしいので、ウェブ・チェックイン(出発時刻の48時間前から1時間前まで)で手続きを済ませておくとちょっと安心かもしれません。

どんな飛行機?

バニラエアもジェットスターも、感覚的には、観光バス2~3台分くらいの人数しか乗れないんじゃ(大げさ?)と思うくらいの小さな飛行機で、狭い座席にぎゅうぎゅうに詰まって乗る感じでした。体の大きい人や脚が長いにはツライかもしれませんね。皆立たせないと出れないので、窓際の席だったらトイレに行くのはあきらめた方が…。私も窓際の席だったのですが、物を落としたら自分で取れなくて、後ろの席の親切な人に拾ってもらいましたw

petbottle余談ですが、以前Jet starを使った知人が飲みかけのペットボトルを検査場で蓋開けてくんくんされた!と言っていたのでドキドキしましたが、成田で見かけた検査ではちゃんと機械でピッとやってましたw
後で聞いてみたらくんくん事件は千歳だったらしいですが…今はどうなんでしょうか??

ちなみにどちらの飛行機の場合も千歳は空港までブリッジ利用、成田ではバス移動でした。

LCCのデメリット

安いだけにリスクもあります。

  • 成田から都心までが遠いので時間と交通費がかかる。
  • 荷物が増えたり預けたりすると、料金が加算される。
  • 予約変更や払い戻し出来るタイプの航空券にすると結局高くなる。
  • 飛ぶか不安!仕事の予定と絡めると危険。
    (特に冬場の北海道便は賭ですね…)

等々色々浮かびますが、やはり、ちゃんと飛ぶのか&飛ばなかった時かなり困るというのが一番のデメリットです。
就航してから時間たってるから改善されてるかもしれませんが、こちらのまとめ:実際どうなの??話題の格安航空機【LCC】や、まとめ:国内線LCC(ジェットスター・ピーチ・バニラエア)欠航時の取り扱いは?とか見ると、かなり危険な感じがしますねw
現に、搭乗前日の同時間帯の便は機材繰りがどうのとかで飛んでなくて、かなり不安になりました。

まとめ

image4-e1419048807881今回は幸運にも、特に問題なく利用できましたが、
便の変更や荷物追加等オプションの加算と成田からの交通費を考えて、羽田便と大差なければ、素直に羽田便にした方が良いかとw

それでもLCCを使うことにした今回の運賃は…

  • 札幌(新千歳)- 東京(成田)Vanilla Air 3,380円(運賃2,480円+スタンダードシート500円+支払手数料400円)
  • 東京(成田)- 札幌(新千歳)Jetstar 4,620円(運賃4,190円+支払い手数料430円)

札幌-東京往復8,000円(税込)でした。

飛行機での往復料金ですよ!片道4,000円。下手したら空港からの電車賃やバス代の方が高かったりして…。
成田は都心まで遠いし慣れてないので余計疲れましたが、時間的にもっと余裕があればバスとか上手く使って楽出来るかなと思います。

この金額だと飛行機だからと構えずに気軽に利用できるので、東京の勉強会にも申し込みしやすくて良いですね。(諸条件考えるとLCCを使うかどうかはともかく。社内的にも承認を得やすかったりw)

というわけで、実際に使えるかどうかは時と場合と諸事情によるLCCですが、東京の人ももっと気軽に北海道に遊びに来たらいいと思います。
ほら、北海道なんて近所近所!
a0002_006649

北海道は美味しい物、いっぱいありますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページのTOPへ戻る